当日の流れ

 主宰のThunders#36です。いよいよ本番ですね。
 今回ご参加して頂く選手向けに、DM静岡CSのトーナメントがどのような流れで進んでいくのかを文章化しました。
 なんとなく流れが掴めると思いますので、事前に読んでみて「自分の静岡CS」をイメージしてみて下さい!

0.会場について

 

 藤枝市文化センター 1階大ホール
 静岡県藤枝市駅前2丁目1-5

 

 =会場における注意事項=
  ・会場に選手用の駐車場は御座いません。周辺のコインパーキング等をご利用下さい。
  ・会場内での飲食は大丈夫ですが、ゴミは各自で持ち帰って下さい。
  ・他の利用者などにご迷惑をお掛けしないよう、節度ある行動をお願いします(詳しくはイベント規約にて)。

 

 毎度おなじみ、JR藤枝駅北口から歩いて5分の文化センター。正面玄関入って右手のホールが皆さんの戦場です。

 

1.開場~出場受付

 開場は9:00です。
 同時に運営本部で出場受付を開始します。

 出場受付では参加費のみを徴収し、デッキシートの回収はスイスラウンド直前に行ないます。なので会場入りしたら、デッキシートを書いていない人でもすぐに出場受付を済ませられますね。

 

 

 さて、サクッと出場受付を終えれば、ペアリング発表までの時間は自由時間。

 デッキシートの準備がまだならこの時間を使って書き上げ、余裕のある人はオンラインペアリングのページ確認をしておきましょう。
 なお、運営本部では随時、ジャッジチームがルール等の質問を受け付けております。
 もしルールや裁定についての質問がありましたら、どんな細かいことでも構いませんので、この時間を利用してドンドンご質問下さい!

 

2.ペアリング発表~開会式~デッキシート回収

 全ての選手の出場登録が完了したら、いよいよペアリング発表です。

 今回もDM:Akashic Record様のご協力でオンラインペアリングを利用して頂けますので、それと会場内に貼り出されるペアリングシートでご自分の席をご確認の上、スイスラウンド1回戦の席に着席して頂きます。

 

 選手全員の着席が完了しましたら開会式が行なわれます。

 ここでは最終の大会ルール確認等が行なわれますので、どうぞご清聴下さいませ。

 

 そして開会式が終わったらデッキシート回収の時間。

 フロアジャッジ達が順番に、選手のデッキシートを回収して回ります。

 この時に万が一提出できないと、マッチロス等の非常に重いペナルティを科されてしまいますので、絶対に準備完了しておいて下さいね。

 

 無事にデッキシートも出し終わったら・・・さあ、目の前の選手とスイスラウンドを始めましょう。

 

3.スイスラウンド

 

 スイスラウンドは、スイスドロー9回戦(団体戦は7回戦)で行なわれます。

 各ラウンドのインターバルにオンラインペアリングを用いたペアリング発表がありますので、速やかに着席して対戦の準備を始めましょう。

 対戦の準備は、

 ・お互いに超次元ゾーンの提示
 ・お互いのデッキを十分にシャッフル
 ・封印、シールド、手札のセット
 ・先攻後攻の決定(じゃんけん)

 ここまで行なって下さい。
 すべての選手の準備が整いましたら、ゲーム開始のアナウンスがあります。時間内に終わるようゲームを進めましょう。

4.ゲームの結果報告

 本大会ではスリップ(結果記入シート)を使用します。

 ゲームが終わりましたら、お互いに試合結果と署名を記入し、勝者が運営本部のスコアキーパーに提出して1ラウンド完了です(このとき、荷物と一緒に移動することをお忘れなく!)

 ちなみにもしドロップ(途中棄権)したい場合は、スリップのドロップ欄にサインをし、勝者と一緒にスコアキーパーへ報告しながらドロップを申請して下さい。

 

 さあ結果報告が終えれば次のペアリング発表まで暫し待機。

 長丁場となる静岡CSですから、こういった空き時間の使い方は大事ですよ。フィーチャーマッチや周りのテーブルを観戦してリサーチ、試合中に催さないようトイレを済ます、水分や栄養を補給...やれることはたくさんありますね。速やかに結果報告して、貴重なインターバルを確保しましょう。

 

5.サイドイベント「ピノキオ杯」

 

 スイスラウンド1st Stageで惜しくも敗れてしまった方々にもリベンジチャンス。128名構築戦のサイドイベント、「ピノキオ杯」に出場して頂くことができます。
 先着128名ですので、出場を希望される方は窓口開設次第速やかに登録を済ませましょう。
 サイドイベントは受付窓口、使用テーブル共に会場後方(運営本部の反対側)となります。
 定刻を迎えましたら、参加希望の選手はそのあたりにお集まり下さい。

6.スイスラウンド終了

 スイスラウンドが全試合終わりましたら、プレーオフに進出する選手並びに順位表を発表、公開します。


 プレーオフに進出するのは上位8名(団体戦は8組)の選手達ですが、惜しくも決勝進出を果たせなかった選手にも、スイスラウンドの順位に応じた賞品が授与されます(今回はCSサポートのTop64賞《フェアリー・ライフ》プロモ)のでお忘れなく。

 特に個人戦は、Top16以上に入ると次回大会の招待選手に選ばれ、スイスラウンドのByeが発行されます。Top8に上がれずとも、最後までスイスラウンドを戦い抜いたことはそれだけで表彰モノ。

 運営席にて賞品授与窓口を構えておりますので、胸を張っていらっしゃって下さい!

 

7.ゲリライベント

 今大会、休憩時間等に突然主宰が変なイベントを始めるかもしれません。笑

 

 DM縛りの山手線ゲーム、皆さんもやられたことあるのではないでしょうか?

 参加費無料、優勝者には"いいもの"進呈! 何回開催出来るかは大会の進行具合に左右されるのでわかりませんが、空いた時間狙って積極的に開催狙っていきます!

 空いた時間もDMで楽しみましょう♪

8.プレーオフ

 

 勝ち残った8名(8組)で、優勝へ向けたシングルエリミネーションが行われます。

 制限時間50分の2ゲーム先取、決勝戦は時間無制限。

 前項にも書いた通り、プレーオフでは順位が高い方が第1ゲームの先攻となり、第2ゲーム以降は直前のゲームを負けたプレイヤーが先攻(負け先)です。

 長丁場を戦ってきた末に迎えるプレーオフは、過去の大会でも非常に熱の籠る試合ばかりでした。
 皆さんがどんな熱戦を繰り広げて下さるか、運営陣もイチDMプレイヤーとして大きな期待を寄せております。
 そして今大会では、決勝ラウンドよりニコニコ動画で生中継を実施。カメラの向こうで、全国のデュエリストが貴方の活躍を待ち望んでいるのです。
 ここまで来たら、勝っても負けても歴史に名前が刻まれます。思う存分暴れて行って下さい!

9.フィーチャーテーブル

 

 

 ペアリングが発表された後、もしかしたら貴方と対戦相手はスタッフからフィーチャーマッチに選ばれ、カメラテーブルに呼ばれるかもしれません。その時は座席番号を確認するまでもなく、会場中央の目立つテーブルに集まって下さい。

 そこでは、動画撮影されるテーブルがあります。どちらに座るかはスタッフが案内します。たくさんのプレイヤーに注目される試合になりますので、気合を入れて挑んでください。また、動画撮影をされるテーブルでは、カメラに映るようにカードを置くことにご協力をお願いします。

 なお今大会も、
DM:Akashic Record様のご協力でニコニコ動画の生中継を併せて行ないます。
 個人戦団体戦共に、プレーオフより実況解説付でフィーチャーテーブルを生中継。
 会場のギャラリーだけでなく、カメラの向こう側で全国のDMプレイヤーが貴方の試合を見届けます。
 心してお臨み下さい!